TOEIC 勉強法

TOEICを受験されている方はどんな風に勉強をしているのか、様々な方にインタビューして聞いてみました。TOEICを受ける目的や夢についても聞いてみましたので、受験されている方の参考になれば幸いです。

 

 

TOEICのテストではかる英語力

 

TOEICのテストは現在自分が持っている英語力をはかるために非常に有効なものとなっています。僕は大学を卒業してから、住まいのある青森県内のテーマパークで働いているのですが、ここ数年は外国人観光客の数も非常に多くなっていることから、英語での対応が多くなっています。

 

英語などの外国語に関しては、以前から自分にとって非常に興味のある分野であったため、英会話スクールに通うなどして現在も自らの英語力を高める努力をしています。

 

最近ではこのような学習の成果として自らの英語に対する理解力がどれだけ向上しているか確認するために、定期的にTOEICのテストを受けています。TOEICの場合、その内容は文法や長文読解だけでなく聞き取りなどの問題も多く含まれいているため非常に実用性の高いものとなっているのです。またTOEICの場合、採点結果が届いたときに自分の不得意としている分野を分析したり見直しできることから、今後の学習方法に活かすことも可能なのです。

 

自分の当面の希望としては20代のうちに自らが定めている目標点まで自分の英語力を高めることであり、これを達成できるような学習を今後も継続させていきたいと考えています。

 

 

 

趣味の英会話が昂じて受け始めましたが

 

最初はただの趣味だった英会話も、就職活動の際必要にかられてTOEICを受けたことで必要性が分かりました。学校で教えられる言い回しだけでは、ビジネス英語を視野にいれたTOEICにはなかなか対応できないことも多く。

 

ネイティブ若者のようにくだけすぎる必要もないのでしょうが、やはり「とっさの相づち」や「英語でビジネスをする人の言い回し」は英会話に随分助けられた気がします。

 

 「TOEICはリスニングが簡単だね」なんて話もよく聞きますし実際私もそう思うのですが、学校の授業を頼りにTOEICを受けた友達によると「どこが?」というものらしいです。

 

しかし難しいのは会話と文法的な知識のバランスで、どちらも完璧であれば当然それがよいのでしょうが、そんなわけにもいかない「趣味の」受験者にとってはどちらに重点を置くか、なかなかの迷いどころでした。

 

というのも、ぎこちなくてもいけないが、いい大人がビジネスの上で使う英語となればそれなりに正しさや丁寧さ、綺麗さも求められますからね。英会話教室にボランティアに来ていた外国人と話して気付いたのですが、彼らは「外国人だからこのレベルでいいか。」なんて容赦してくれませんし。

 

いろいろ教材には手を出しましたけど、自分なりにそのバランスがいいなと思うものに出会えたのはラッキーでした。限られた時間と金銭と体力の中でレベルをあげるなら、「バランス」、これが大切ですからね。

 

 

 

資格の一つとしてTOEICスコア

 

私はコールセンター勤務をしております。資格は持っていて悪いことはないで、資格の一つとして、TOEICの勉強をしております。しかし、仕事がシフト制なので、毎週の休みとか決まっていないし、仕事が終わる時間もばらばらなので、セミナーや語学学校などで勉強することができませんので、どうやって勉強しようかと考えておりました。

 

それで、私の職場にTOEICのスコアで結構上を持っている人がいるので、TOEICの資格を取りたいからなにかいい勉強法はないかときいたところ、市販の教材でいいのがあると教えてくれました。

 

それは市販の問題集で、TOEIC対策のための問題集なので、TOEICの勉強を中心にすることができるので、無駄なく勉強することができ、しかもわからないところがあれば、何回でも同じところを勉強すればいいので、わからないところもそのままにして終わることもなく、自分が好きな時間に好きな時間だけ勉強することができ、進めていくと自分がレベルアップしている実感がとても湧いてくるので、モチベーションも維持できて、本当によい教材だと思いました。

 

問題集での勉強は本当にしっかりできるので、これからも問題集での勉強を続けていこうと思います。

 

 

 

勉強のためのモチベーションアップ

 

高校卒業してまだ数か月しか経過していませんが英語を勉強が必要だと感じています。というのも、勤務しているコールセンターで時々ですが、英語のお問い合わせがあるのです。その時、自分の英語力のなさにガッカリすることが多くなってきました。

 

とりあえず、先月初めて受けたTOEIC。400点そこそこでした。特に長文問題は全然わからず、最後は時間も足りなくて全部解けませんでした。

 

ということで、TOEICの勉強をするために、通信教育を始めました。私が住んでいるところは北海道の中心部から離れていて、学校に通うのは難しいのです。その教材は初心者の私でもよくわかる内容で、少しずつ進めています。

 

でも、やはり通信教育を独学で続けるのは難しいもの…気が付くと、テレビを見たりネットしてしまっている自分がいます。そこで、モチベーションをアップするために、次の方法を考えました。

 

まず、1週間の勉強時間を8時間に設定して、このノルマを達成できなければペナルティが自分に降りかかります。そのペナルティとは、1週間毎日お風呂掃除、毎回茶碗洗いをすること!(実家暮らしなもので)

 

今2週間目ですが、なかなかいいですよ~!これを達成しないと毎日大変だ!と思うと自然に勉強することになって、そのうち集中するようになりました。でも、嫌なことばかりでも続かなそうなので、TOEICで500点取ったらご褒美をあげるつもりです!

 

 

 

TOEICのテストが趣味

 

TOEICのテストを受けるのが趣味です。毎回スコアが出るので、どれくらい上達したか分かりますし、スコアが上がれば、より多くの求人に応募出来るようになるので、とても張り合いを感じています。現在は無職なので、毎日英会話を十時間位は勉強しています。基本的には、ラジオ英会話を聴いて英会話を勉強しています。TOEIC対策は特別にはせず、日頃の学習だけでテストに挑んでいます。

 

TOEICは、ただの趣味なので得点にはそれほど拘っているわけでもありません。参考にしたり、自分の実力をアップさせるために使っている感じです。今のところ、順調にスコアが伸び続けているので、とてもよい感じです。

 

ラジオ英会話はとても楽しく、興味深い内容なので、誰にでもおすすめします。費用もほとんどかからず、とてもコストパフォーマンスが高いものになっています。実力がつくことでも有名で、大変実績のある教材でもあります。講師も一流なので、興味があれば、一度、ラジオ英会話を聴いてみると良いでしょう。

 

次のTOEIC受験は来年を予定しています。大分実力がついてきたので、なかなか上達しないからです。初心者の頃は出来なかったことがすぐに出来るようになっていましたが、最近は最低でも3ヶ月は待たないと上達しているかどうかが分かりません。

 

 

 

スコアアップと英会話対策

 

私は大学在学中にTOEICテストや英語検定などを積極的に受検し、自分の英語力を高めるために勉強を続けてきました。また、英会話の力をつけるために、大学で行われているセミナーや語学研修などにも参加して、実用的な会話力をつけるために対策を行ってきました。

 

しかしながら、就職をして外資系企業で勤務を始めたところ、海外支社とのやりとりで英語を多く使う日々が続くようになり、取引先との会話も英語を使うことが多くなってきました。私は、今までさほど自分の会話力を把握したことがなかったのですが、ビジネス英語での会話はとても難しく、しっかりと勉強をしなければならないなと感じるようになりました。

 

そこで、TOEICテストのスコアアップのためにも、きちんと対策を行うことにしました。毎日英会話のためのラジオを聴き、耳を鍛えるとともに、英語に慣れるような環境をつくるようにしました。また、隙間時間などに語彙や英文法を確認することのできる英会話アプリを活用して、少しの時間でもテスト対策ができるように工夫しました。

 

このアプリは、試験当日まで役に立ちましたし、テストに同じような傾向の問題も出題されていたので、本当に良かったと思っています。TOEICスコアもぐんと上げることができました。

 

 

 

問題演習をしてTOEICで高得点を取り転職

 

英語教材を使い、独学で問題演習をしてTOEICで高得点を取り、転職に成功しました。前職も同じ貿易会社でしたが、あまり英語を使う機会がありませんでした。今の職場は毎日のように英語を使えるのでとても満足しています。

 

TOEIC試験対策問題集を何冊もやりました。初めは試験の形式にも慣れておらず、あまり得点できませんでしたが、毎日のように模試をやっていたら、三ヶ月後にはかなり出来るようになっていました。問題形式にも完全に慣れ、時間内に解ける速さを身に付けたのが良かったです。、TOEICの試験内容は高卒の私にとってもそれほど難しいものではありませんが、時間制限が厳しく、慣れるまでは、全問解けることがほとんどなかったです。学習のポイントは解答の速さの習得だったと言えます。

 

全問解けるようになったら、得点も上がり、希望していた得点が出来るようになっていました。転職時にはかなりの評価が得られ、努力した甲斐がありました。完全に独学だったので、実力が伸びるか不安でしたが、予想以上の結果に驚いています。また、費用もあまりかからなかったのでとても良かったです。更なる向上を目指し、今も英語を毎日のように勉強しています。

 

 

 

スコアアップの方法

 

私は、もともと英語の勉強や英単語の暗記が好きで、いつも自分なりに工夫した方法で勉強をしていました。大学在学中には、英語検定やTOEICテストを何度も受験し、自分の英語力の向上と把握のために活用していました。スコアについては、なかなか向上することができず、何とか自分の目標を達成できるかできないか、というところで大学を卒業し、ホテルでの勤務が始まりました。

 

仕事が始まると、どうしても自分の時間を確保することができないため、英語の勉強もおろそかになってしまいました。TOEICテストを受験することもなくなり、日々海外からのお客様と英語でやり取りをするのも大変になってきてしまいました。そこで、きちんと自分のために勉強時間を割いて、TOEICテストでスコアアップを目指したいと思うようになり、対策を始めることにしました。

 

今までの勉強法は、ひとつの参考書を繰り返し解いて定着させるというものだったのですが、今回からは、大学で使っていた参考書をもう一度使ってテスト対策を行うということにしました。

 

問題傾向がやや変わってきているので、新しい情報はインターネットで入手し、基本的な文法や単語は参考書を解いて復習。あとDSでTOEIC対策をすることにしました。すると、当日は緊張することもなくすらすらと問題を回答することができたのでびっくりしました。スコアもぐんと向上したので、これからも勉強を続けていきたいと思います。